ホーム>若旦那からのお知らせ

若旦那からのお知らせ

松茸そば、今シーズン終了です

9月から提供していました松茸そばですが、先週末で終了となりました。

他のきのこ類は今が出盛りです。木の子あんかけそばは年明けまでご用意しておりますので、是非ご賞味ください。

201711203144.jpg

蕎麦畑に見学

先週末、あさだがいつもお世話になっている群馬県・赤城高原の深山ファームさんへ蕎麦畑の見学に行ってきました。

この時期、深山ファームの蕎麦畑は秋の新蕎麦の収穫真っ盛りです。我々も、トラクターに乗ってわずかではありますが刈り取りのお手伝いをしてきました。

赤城深山ファームは、新幹線高崎駅から車で一時間弱の赤城山麓にあります。標高が高く朝冬の寒暖差があり、赤城山の火山灰と山麓の傾斜地ということで水はけがよく、蕎麦の栽培に大変適した場所です。

深山ファームでは、蕎麦しか栽培していません。一般的には、蕎麦は米や大豆、麦などの主産品の間の時期に栽培されています。そのため、本当に育成に適した時期に種まき、刈り取りが行われていないところが多いのが実情です。ですが深山ファームでは、蕎麦しか栽培していないため、一番蕎麦に適した時期に種をまくことが出来ています。また、鶏糞にそば殻を混ぜたものを中心とした循環型と呼ばれる有機無農薬栽培に取り組んでいます。

そのため、自然に優しい栽培法でありながら今では単位面積当たりの蕎麦の収穫量が全国平均の二倍以上という生産性の高さを維持できるようになりました。その業績から農林水産大臣賞をはじめ、様々な賞を受賞し、全国から多くの蕎麦農家さんが視察に来られているそうです。

今刈り取りをしている群馬県・赤城深山ファームの秋の新蕎麦は、来週ごろからお出しできる予定です。

新蕎麦らしい色あいと風味をぜひご賞味ください。

 

2017111217137.JPG 20171112171414.JPG

20171112171440.JPG 2017111217157.JPG

11月4日(土)は、昼のみ営業です

誠に勝手ながら、11月4日(土)は 昼のみの営業で 夜は臨時休業日とさせていただきます。

大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

朝晩はかなりひんやりとするようになり、秋も深まってまいりました。

鴨鍋とお燗酒のおいしい季節の到来です。

201711365316.jpg 201711365349.jpg

からすみ 仕込み始めました

先週末から、今年のからすみ作りを始めました。

千葉・竹岡や神奈川県・三浦半島周辺の近海ものの新鮮なボラの卵です。

まずは手始めに12キロ仕入れ、塩漬けにしました。このあと、塩抜き、半干し、調味液に漬ける、本干しと行程が続き、その後に仕入れるからすみも同時進行で続けて仕込んでいきます。全部で60キロ分ほど仕込む予定です。

毎年この季節にはからすみを仕込んでいて今年で17年目になりますが、毎年ちょっとずつ作り方が変わって進化しています。

このところ、雨模様の日が多いので、順調に干せるかがちょっと心配なところですが、今年の仕上がりも楽しみです。

 

20171016174536.JPG 2017101617469.JPG

秋の種物 始めました

秋の味覚を取り入れたお蕎麦を始めました。

この時期だけの贅沢・松茸そば、木の子あんかけそば、三陸産のぷっくりとした牡蠣を使ったかき南蛮そば、手打の鍋焼きうどんがおすすめです。

松茸そばは、10月いっぱいぐらいまでご提供の予定です。

 

201710992616.jpg 201710992644.JPG

本日 2日(土)は臨時休業日です

誠に勝手ながら、本日9月2日(土)は 厨房内メンテナンスのため臨時休業日とさせていただきます。ご来店をご検討されていましたお客様には大変申し訳ございませんが、ご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。

また、今月16日は、第3土曜日のため定休日となりますので、合わせてご了承ください。

台風15号が過ぎると、来週はしばらく暑い日が続くようです。季節の変わり目、日々移ろいながら食材も徐々に秋の味覚に変わって来ています。

 

2017928500.jpg

本日 19日は定休日です

本日 19日は第三土曜日のため定休日です。

ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

来週からは、暑さもぶり返し残暑厳しい陽気となるようです。漁師さんや農家の方もお盆休みからお仕事に戻られて、市場にも活気が出てくることと思います。

食材には、銀杏や秋刀魚が顔を出してきて、少しずつ秋の気配が感じられるようになってまいりました。

まもなく、松茸も登場する予定です。

201781954226.jpg

 

本日から、営業始めます

本日16日より、お盆休み明けの営業を始めます。築地市場も今日からです。

今日から北海道産・雨竜町産の夏新蕎麦を打ち始めました。「レラノカオリ」という最近売り出し中の比較的新しい品種です。この時期の新蕎麦としては、なかなかの香りがあります。

また、今日は築地市場で新サンマを仕入れてきました。今シーズンのあさだの初物です。今年は秋刀魚の出るのが遅めでしたが、ようやくいいものが入ってきました。

あいにくの天気ではありますが、晩夏の旬の食材と夏酒、そして夏新蕎麦とこの時期ならではの組み合わせをお楽しみいただければと思います。

 

2017816114346.jpg 2017816114423.JPG

2017816114454.JPG 2017816114518.JPG

木更津ですだて漁遊び

先週末、地元神社の睦会一行で木更津のすだて漁遊びに行って来ました。そしてお盆休み初日の11日は富津沖でシロギスの船釣りと、2週連続で東京湾で魚達と遊びました。
すだて漁とは、遠浅の海の沖合に仕掛けた定置網に干潮の時間帯を利用して近づいて、仕掛けの中に迷い込んだ魚をたも網で捕まえる東京湾の伝統的な漁法です。アクアラインのたもと木更津には、このすだて漁を体験できる船宿がいくつかあります。
 
毎回感じるのは、この東京湾の海の豊かさです。木更津・富津あたりの湾中央部では、海岸線はコンビナートに囲まれていますが、そんな海でも魚の種類や数は豊富で日本沿岸でも随一です。
 
普段は生きている魚に馴染みのない子供達が、すだての網に迷い込んだ色々な魚を捕まえて喜んでいる姿を見ると、嬉しくなってきます。スズキやクロダイ、アジ、ワタリガニにウミタナゴ、ダツやアイナメまで獲れました。
平成の時代でこれだけの魚がいるのですから、江戸時代はさぞかし沢山の魚がいたことでしょう。
 
これだけ豊かな海が大都会の目の前にあります。この自然を少しでもよい状態にして我々は次世代へと引き継いでいかなければいけません。
 
つかまえた魚は、その場で漁師さんがお刺身にしてくれました。
 
参加してくれた子供達が東京湾の生き物に興味を持って、行く行くは環境問題や外来種を含めた生態系の問題、漁業の問題などにさらに関心を深めてくれればいいなと思いました。
 
201781362739.JPG 20178136287.JPG
 
201781362831.JPG 20178136291.JPG
 
201781362930.JPG 20178136301.JPG

本日から15日までお休みです

本日11日より15日の火曜日までの5日間、弊店の夏季休業日とさせて頂いております。

皆様のご理解、ご了承を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

休み明けの16日からは、北海道・雨竜町産の新蕎麦をご提供する予定です。これからまだ残暑が厳しい日が続くと思われますが、涼感溢れる夏の新蕎麦で、是非涼をお取りいただければと思います。

画像は、7月上旬の北海道・雨竜町の蕎麦畑です。白く可憐なソバの花が一面に咲いています。

201781153452.JPG 201781153417.JPG

ページ上部へ